円福幼稚園は、0歳から就学前までのお子さんを対象とした、幼保連携型認定こども園です。

学校法人円福学園 幼保連携型認定こども園 円福幼稚園

長野県長野市篠ノ井横田772 →アクセス TEL:026-292-1094 FAX:026-292-9400

園について

ごあいさつ

新・幼保連携型認定こども園 円福幼稚園

― 皆様へ

円福幼稚園 理事長 藤本 光世
円福幼稚園 理事長
藤本 光世
平成27年度から新・幼保連携型認定こども園制度がスタートすることになりました。この制度の趣旨は、これまで幼稚園(文科省)と保育園(厚労省)に分かれていた未就学児の幼児教育と保育を一体化し、すべての未就学児童が平等に良い幼児教育・保育を受けられるようにというものであります。また、少子化高齢化と働く女性の増加に対応して、保育を必要とする児童に幼稚園の場を提供することにもあります。

円福幼稚園はこれまで、この時代の要請に応えるべく、預かり保育の充実等を図ってきました。また、平成24年度からは円福おひさま保育園を設立して幼保連携型の認定こども園となり、0~2歳児の保育を可能にして、働くお母さんがお子様を預けられる環境を作ってまいりました。それは、幼保連携型認定こども園こそ、これからの幼児教育・保育の在り方であると考えたからです。

平成27年度から、国は認定こども園制度を新制度に移行することになりました。これは、これまでの認定こども園制度とは大きく異なります。移行にはたくさんの課題がありました。当園は、それらを一つ一つ乗り越えて新制度に移行します。その理由は次の通りです。

おかげさまで円福幼稚園の幼児教育は、保護者や地域の皆さまのご理解とご協力により、全国でもっとも進んだ幼児教育になっています。それは、地域の皆さまの期待に応えるべく、園長を中心に職員がまとまり、全国やヨーロッパの先進的な幼稚園を視察し、研修を積んだ結果です。その成果は小宮路先生の楽しい公開保育と素晴らしい歌の指導となり、柴田先生による子どもの心をとらえ表現する絵画指導となり、体操教室では身体を柔軟に鍛え、自然がいっぱいのおひさまファームや教室や園舎の工夫となって表れています。仏教の精神を基礎として、おひさまファームやビオトープ庭園や大型遊具が揃った、自然が豊かで伸び伸びと遊べる環境と、広く明るい教室や遊戯室・プールなどの子ども達が力を充分に発揮できる施設で、ヨーロッパや玉川大学などの先進的な幼児教育に学んで力をつけて進めている当園の幼児教育は、子ども達の力を存分に伸ばしています。それは、運動会や生活発表会や作品展などのさまざまな行事の子どもの発表に表れています。子ども達の姿はおいでになった皆さまに大きな感動を与えています。

新認定こども園になっても、この幼児教育の質を落とすことなく、さらに発展、推進いたします。

皆様には、当園の方針をご理解くださり、新認定こども園制度に移行後も温かく見守ってくださいますようお願いいたします。

新・幼保連携型認定こども園への移行について

― 保護者の皆様へ

円福幼稚園 名誉園長 藤本 悠起子
円福幼稚園 名誉園長
藤本 悠起子
本園は昭和41年に初代理事長、藤本幸邦によって創立され、来年で50周年を迎えます。
円福幼稚園の教育は仏教の精神(心の教育)を根底に乳幼児期にこそ大切な良い環境と、良い体験をたくさん取り入れ、知・情・意のバランスのとれた全人教育を志しております。そのためにヨーロッパや日本で先進的な幼児教育を学び常に前進してまいりました。

また、平成24年にはお仕事などの事情により幼稚園の教育を受けたくても受けられない保護者の要望に応えて0歳~2歳までの定員30名の保育園(おひさま保育園)を併設し、0歳~5歳までの一環保育・教育を受ける事ができる様に幼保連携型の認定こども園として3年目を迎えました。平成27年度からは国の「子ども子育て支援新制度」が始まります。

そこで当園も内閣府の方針に従い、保育園と幼稚園を統合し新・幼保連携型認定こども園となり、名称も【円福幼稚園】に一本化にする事に致しました。

学校法人円福学園 幼保連携型認定こども園 円福幼稚園(0歳~就学まで)となります。
これまで通り円福幼稚園の精神、教育方針は変わらず、幼保連携の特色を活かし、一人ひとりにふさわしい丁寧で質の高い保育・教育を行ってまいります。価値観の多様化する現代社会において、大切な物を見失わず、大切な乳幼児期「ご家庭と共に心豊かな教育」を目指してまいります。

ごあいさつ

― 皆様へ

円福幼稚園 園長 藤本 大心
円福幼稚園 園長
藤本 大心
 円福幼稚園は仏教の精神、心の教育を根底に幼児期に大切な様々な経験ができるよう取り組んでまいりました。
 円福幼稚園には様々な環境があります。歌があふれる日常、製作や絵画に夢中になれる「あとりえるうむ」、様々な技に挑戦しながら自分たちで考え、作り上げる体操、自然が豊かな園庭、様々な自然体験ができるおひさまファーム、冬期湛水不耕起栽培の田んぼもあります。未満児はおひさま棟でゆったり温かく過ごすことができます。周りには千曲川と土手があり、さんぽに行くと近所の方々も優しく接してくれます。そんな環境を通して子どもたちは思いっきり遊び、様々なことを学んでいきます。今年度より園長を引き継ぎ、円福幼稚園の環境をいかしてさらに私たち教師は子どもたちが主体的に遊びを通して学ぶことができるように環境を整え、人的環境として子どもたちをサポートしていきます。子どもたちの自立に向けて保護者の皆様と一緒に子どもたちの成長を応援していきましょう。私たち職員一同、円福幼稚園でお待ちしております。

園について